ロッテの交流戦挑発ポスターに登場した中日ロボット

▼今年の交流戦挑発ポスターは各球団のロボットがテーマに

■2019.06.14 日刊スポーツ

ロッテ、交流戦ポスター登場の中日ロボの詳細判明
ロッテ、交流戦ポスター登場の中日ロボの詳細判明

【機体説明】
 ロッテが交流戦優勝奪回作戦(通称:V作戦)遂行のため、秘密裏に開発を進めていた12球団最強ロボット・マジワランに対抗するロボットとして水中移動、潜水性能を大幅に高めた新型機。縦横無尽に水中を移動し頭部のAI搭載魚型誘導ミサイルで敵を撃破する。

 なおこの機体はAIを搭載しているものの、あえて1962年生まれの56歳、身長181センチ、体重94キロ、熊本県出身の専属パイロットが自ら運転。また通常のロボットは胸部分にコックピットがあるが、パイロットのこだわりで、ヘッド(頭)部分にコックピットがあるという。

 頭には元ロッテ監督で、現中日ヘッドコーチの伊東勤氏を思わせる「伊」の文字がかたどられている。

中日ロボット

記事全文を読む



フォロワーさんの反応 / ネットの反応

ドラゴンズの擁する新型ロボットパイロット…一体何者なんだ…(棒)

元ロッテ監督「解せぬ」

伊東「オイこら」

パイロット太り過ぎだろ(;´д`)

伊東ヘッドじゃんwwww



コメント

 コメント一覧 (4)

    • 1. 名無しさん
    • 2019年06月14日 15:18
    • 魚型誘導ミサイル(内在証明)
    • 0
    • 2. 名無しさん
    • 2019年06月14日 16:04
    • しゃちさんがミサイルなんか
    • 0
    • 3. 名無しさん
    • 2019年06月14日 17:15
    • パイロットの体型は伊東ヘッド
    • 0
    • 4. 名無しさん
    • 2019年06月14日 18:19
    • 伊勢の伊やろ
    • 0
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット